糖質制限ダイエットの危険と落とし穴

炭水化物(糖質)を食べてくれる

タイトル通りですと糖質制限ダイエットは危険なダイエット方法なの?と思われてしまいそうですが果たしてどうなのでしょうか。
むしろ糖質をとり続ける方が体にとっては危険がいっぱいなのではないかと思います。

さて糖質制限ダイエットと危険とは隣り合わせなのかはたまた糖質摂取の危険性とはどういうことなのか。
考えていきましょう。

まずは糖質を摂ると言うことの危険性を考えてみましょう。

糖質は炭水化物が一番の摂取源であることは先に書きましいたし皆さんご存知の事だと思います。
糖質はご飯や麺類などをたくさん摂ってしまえばそのまま体内に取り込まれてしまいます。これが巡り巡って脂肪となっていくおそろしい循環が生まれます。
体内の糖質が増えると血糖値が上がりますよね。血糖値が上がればすい臓はインスリンつくらなければならずそれが多いほどフル稼働しなければなりません。
逆に糖質の源を摂取制限してやれば、すい臓もそれほどフル稼働せず働きも楽になります。
すい臓がフル稼働し続けるとどこかで疲弊してきます。そうなってしまうとインスリンの分泌も速やかに行われなくなりますよね。
糖質が分解されなければ当然糖質と体内のタンパク質が結合して、AGE(糖化最終生成物)になってしまうことになります。
このAGEこそが先々脂肪へと変わっていくのです。

一番いけないのはこのAGEは老化促進をする物質なのです!

確かにおいしいご飯やラーメンなどは食べたいです。
でもそれが老化に直結するなんて事実を聞いてしまうと何とも言えない気持ちになりますね・・・
ある人から某ラーメンチェーンかどこかで「麺なし」オーダーをしたらOKだったとおっしゃる方がいらっしゃいました。
野菜やスープだけでも美味しいですからいいんですが、その勇気と決断力はスゴイの一言ですよね。
でも他の糖質を制限して、ラーメンくらいは麺ありで食べたいと思う私は・・・まだまだダメですよね。

糖質制限ダイエットはただ痩せるだけではなく糖質を過剰に摂りすぎないように自己管理していくダイエット方法ですので、健康面でも優れているはずです。

スポンサードリンク

なぜ「はず」なのでしょうか?

糖質制限ダイエットにはちょっとした落とし穴、危険も潜んでいます。

炭水化物を摂らないまたは摂りすぎないよう制限するわけですが、そうするとちょっとした問題が起きます。
それは、炭水化物を摂取制限する代わりにタンパク質や脂質をたくさん摂ってもいいというところです。
もちろんたくさんなんて誰も言いませんが(笑)理論上はそういうことかもしれません。
しかしながら、主に肉類の過剰摂取は胃腸のみならず腎臓などにも負担を強いることになってしまうと感じるからです。
食事はバランスが大切だと思うので糖質の元である炭水化物はすべて無くすのではなく摂取量を制限する、他の肉などについても決して無制限に食べていいはずは無く量を管理する必要はあります。それでなければダイエットは成り立ちませんしこの糖質制限ダイエットのやり方、方法はなんら役立たずになります。

基本、少食なんですね。

これは糖質制限ダイエットだけではないと思いますが、糖質を制限すれば肉はいくらでもOKではないんです。
食事の全体量を管理しコントロールしていく、それをいつも継続していくことがダイエットにもなるし健康管理にもなるのです。

また肉類は焼いたものほどAGEが増加すると言われています。
焼いた肉とりわけ焦げたものほどAGEが高い数値になるそうですよ。
ということは焼き肉屋に頻繁に行く方は老化が早まると言うことになります。
お気を付け下さい(爆)

なるべく油を使わずに魚中心で少食にしていく。
日本人の昔の食事は理にかなったものだったのですね。

あたえられたマニュアルをただ漫然とやっていくのではなく、どういう部分(とりすぎがダメだと言うこと)に注目してしっかり管理していくかがダイエット成功の重要な点ではないでしょうか。
せっかく効果があるダイエット方法ややり方でも間違った認識では効果は上がりません。
こういった部分もしっかり認識したうえで、糖質制限ダイエットを実践していきたいところですね。

頑張っていきましょう!

スポンサードリンク

counter&bookmark

定期預金貯蓄


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

track feed 糖質制限ダイエット やり方 効果 方法


水素水おすすめ比較効果
ダイエットやり方まとめ
酵素ダイエット
骨盤ダイエット
健康
生命保険がん保険医療保険比較
損害保険の選び方比較まとめ
花粉症対策予防
コラ活

L-アルギニン