糖質制限ダイエット リバウンド

炭水化物(糖質)を食べてくれる

糖質制限ダイエットをやっている皆様いかがお過ごしでしょうか?

糖質制限ダイエットはやり方さえ間違えなければリバウンドしにくいダイエット方法なのですが、継続していく中でなかなかうまくいかないこともあります。
それが前述した停滞期なのですが、停滞期を乗り切ってなおかつリバウンドしないように自己管理を徹底しないと、半年かけてダイエット効果を得たものが1~2ヶ月で元に戻ってしまう恐ろしいリバウンド期に入ってしまうかもしれませんよ!

さて、糖質制限ダイエットにおけるリバウンドを回避するにはどうすればいいのでしょうか。

糖質制限ダイエットは食事品目の管理をしっかりやって、暴飲暴食しないようにすれば必ず効果が上がると感じています。
また、カロリーの60%ほどが糖質関連から摂取されるようですので、なおさら食生活の自己管理が求められるわけですよね。

一般的に糖質制限ダイエットを始めて半年間は効果が顕著に表れると言われています。
もちろんしっかりと行ってと言うのが前提ですが。
しかしそれ以降はなかなか痩せません。。。
なぜなのでしょうか?

人には個人差がありますが、その人それぞれの体質に見合った適正な体重があると考えます。
その一定の線を越えようとするときに体重の減少が止まって停滞するのではないでしょうか。
これは私見ですが、その一線を越えようとするならば体質を改善して「痩せやすい体」を時間がかかっても作らなければならないと思います。
それが糖質制限ダイエットなのです。

スポンサードリンク

体が糖質を摂取することばかりを求めているならば、どんどん太っていきますよね。
一気に体質は変えられませんので、少しずつ糖質の摂取量を減らしていき、その過程の中で糖質の摂取量が最初の時より大きく減っても特に何も感じない(食欲や品目などについて)ようにだんだんなっていくのです。
私は医師ではないので、専門的にどの成分があれでこれでとは言えませんが、体質を改善するには今まで以上に自己管理しなければなりませんので精神的にはキツイ人がいるかもしれません。
でも、お料理することに関しては結構考えながらやることで健康面や栄養面でも知識が増えて、ダイエットの効果がしっかり上がってくればモチベーションも上がり継続できるようになります。
ダイエット方法を継続できない方はまず飽きやすい、諦めやすい方が多いのではないでしょうか。
執念深いくらいの方が成功するかもしれませんね(苦笑)

半年間ほどはダイエット効果が出やすいと言いましたが、それを過ぎてからが本当の勝負です!
そのあとの停滞期を乗り切って再び少しずつでも体重を減らせるようになればしめたものです。
仮にあまり減らなくてもその体重を維持することに気を配りましょう。
ここでいけないのは、減らなくなったからと焦ってついつい気持ちが負けて食べ過ぎてしまうことです。
リバウンド期と言うのは自らの気持ちが安易に満たされたときから始まるのです。

そこで気持ちを緩めればおなかも緩んでしまいます、だんだんとね。

ダイエットに成功した方はダイエット後の「維持管理」がしっかりできている方です!

リバウンドしている方はそれができていないと言うことです。

言葉はちょっと悪くなってしまいますが、リバウンドと言うのは「一時的には痩せたけど、結局元に戻っちゃった」ということなのです。

糖質制限ダイエットは昨今非常に話題になっていますが、それはやはりしっかりとしたダイエット効果があるからです。
信念を持って取り組めばきっと大丈夫!

頑張っていきましょう!

スポンサードリンク


counter&bookmark

定期預金貯蓄


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

track feed 糖質制限ダイエット やり方 効果 方法


水素水おすすめ比較効果
ダイエットやり方まとめ
酵素ダイエット
骨盤ダイエット
健康
生命保険がん保険医療保険比較
損害保険の選び方比較まとめ
花粉症対策予防
コラ活

L-アルギニン