モムチャンダイエットのやり方 チョン・ダヨンさん

もう有名過ぎていまさらですが(笑)
韓国発信のモムチャンダイエット。
チョン・ダヨンさんが何回も日本に来日しておりますし、また雑誌やテレビでもさかんに紹介されています。

自ら考案しまた世間に広めていったチョン・ダヨンさん。
普通の主婦からカリスマダイエッターに転身し芸能界ではものすごい人気で各所で紹介されています。

彼女の行ったモムチャンダイエットはどんなやり方だったのか、今一度見ていきましょう!

チャン・ダヨンさんのプロフィールは以下の通りです。

1966年生れ。
2003年10月、韓国国内のダンジ日報というインターネット新聞に向けて、自分が考案し実践した健康でキレイになるダイエット方法を皆さんに広めたいというメールを投稿したのがきっかけ。
新聞社では最初あまり好印象は無く平凡な投稿に過ぎないと思っていたが、本人の写真が検証データが届くとこれまでの態度が一変したとのこと。
ネット上では「モムチャンおばさん」として話題を集め、テレビ、雑誌といったメディアに次々と取り上げられその後は来日するなど各地で引っ張りだことなる。
現在は新聞のコラム、フィットネス・ジムの経営、ウエアのブランド設立、雑誌の発行人などと活躍の場を多方面に広げ、「健康とエクササイズの伝道師」としてパワフルに活動を行っている。
また私生活では2児の母でありながら、162cm・49kgのプロポーションを維持していることもすばらしい。

読んでいるだけで羨望のまなざしを送ってしまいそうですね。
実際彼女のオフィシャルHPやブログでその姿を見てもやはり素晴らしいプロポーション…
40歳を過ぎてもしっかりエクササイズを行っていいけば素敵なボディを手に入れられると期待で胸が膨らみます。

モムチャンとは韓国語で「最高の肉体」と言う意味なんだそうです。
この言葉さえもチョン・ダヨンさん自身が生み出したとのこと。
またモムチャンダイエットを考案するきっかけになったのは彼女自身が腰痛で通った病院の医師から適度な運動を進められたことなのだそうですね。
それまでは大した運動もしたことが無くどこにでもいる主婦の一人だった彼女がこれを契機に大きく変貌したと言うのですからすごいです。
その後いろいろなダイエットに取り組むものの失敗ばかり。
全く関心が無かった筋肉トレーニングにひょっとしたことで目を移したところここから自分に合ったやり方を見つけ出しました。
その結果18キロものダイエットに成功し上記の新聞社に自身の成功したやり方を紹介したと言うのです。

モムチャンダイエットは大きく二つの事から成り立っているようですね。
一つはしっかりと構成されたエクササイズ、もう一つは食生活に気を配るまた普段の姿勢など生活面での意識の向上を教えてくださっているのだと感じました。

まずはエクササイズの一部を紹介します。

上腹部編
1)膝を立てて寝転ぶ。
2)両手は耳の横に当て、あごと胸の間に拳1つ分開ける。
3)まっすぐ天井を向き、息を吐きながらゆっくり上半身を上げる。
4)息を吐ききった後に息を吸いながらゆっくりと下ろす。

下腹部編
1)膝を立てて仰向けになり、両手を腰の横に置く。
2)膝を曲げ直角にし、息を吐きながら骨盤をゆっくり上げていく。
3)息を吸いながら下ろす。骨盤を下ろす際、力を入れたままゆっくり行うこと。

わき腹編
1)左足を右の膝にかけ、左手をお腹の上に軽く置く。右手は耳の横に当てる。
2)上半身を上げる時、息を吐く。
3)息を吐きながら、右のひじを左にもっていき、ひねる。息を吸いながらゆっくりとおろす。

背中編
1)うつ伏せになる。
2)肩幅に両手・両足を広げる。顔は真下を向く。
3)息を吐きながら、上半身と脚を反らせる。
4)体を止めてから、ゆっくりと下ろす。

(アクトオンTVのHPから引用しました)

素人考えですけれど、筋肉の動きや力が入っている場所(力むと言うことではない)をしっかり意識することと、呼吸のタイミング(そんなに難しいやり方は一つもない)を頭に入れると言うことではないでしょうか。

ヨガなどでも呼吸法は大切な要素ですよね。
そのあたりをしっかり考えて考案されたやり方がモムチャンダイエットなんですね。

また、食事面にも気を配っていらっしゃるようで、自身で考案された「色とりどりの野菜焼き」というメニューがあるそうです。

どんなものなのか興味があったので下記に書いておこうと思います。

スポンサードリンク

<色とりどりの野菜焼き>
【材料】
■ エリンギ
■ 椎茸
■ ナス
■ 韓国カボチャ(ズッキーニのようなもの)
■ パプリカ
■ タマネギ
■ トマト
など、お好みのキノコ・野菜
オイルドレッシング
■ オーリブオイル:1/2 カップ
■ エゴマの葉(またはシソの葉):数枚
■ 塩・コショウ:少々
ゴマドレッシング
■ タマネギみじん切り:1/2 個
■ ニンニクみじん切り:大さじ1
■ ピーナッツバター(糖分無添加のもの):約大さじ1
 ※ピーナッツバターの量は特に指定がなかったもののの、映像上で大さじ1くらいでしたので、
 ここでは約大さじ1にしています。
■ エゴマ油(またはゴマ油):大さじ1
■ 塩・コショウ:少々
■ エゴマパウダー(またはゴマパウダー):大さじ4
■ 昆布ダシ:1 カップ
 ※エゴマの葉やエゴマ油などは日本にない食材なので、シソの葉やゴマ油などを代わりに使っても
 おいしいです。
【調理方法】
<下ごしらえ>
・ 野菜、キノコを大きめに切る。
・ エゴマの葉(またはシソの葉)の千切りを水にさらしておく。
<オイルドレッシングの作り方>
・ エゴマの葉(またはシソの葉)をみじん切りにする。
・ オリーブオイルにエゴマの葉のみじん切りを入れ、塩コショウで味付けし、よくかき混ぜる。
<野菜を焼く>
・ オーブンのトレイにアルミホイルを敷き、ハケでオイルドレッシングを全面に塗り、野菜を並べる。
・ 並べられた野菜の表面もハケでオイルドレッシングを充分に塗る。
・ オーブンは200℃で温めておき、トレイを入れた後は180℃にし、キツネ色になるまで焼く。
ゴマドレッシングの作り方>
・①昆布ダシ1/2 カップに、エゴマパウダー(ゴマパウダー)を大さじ4杯入れてかき混ぜ、
 しばらく置いておく。
・ ②フライパンにエゴマ油(またはゴマ油)を敷き、ニンニクのみじん切りとタマネギの
 みじん切りを炒め、タマネギが透明になるまでよく炒める。
・ ①と②を鍋に入れ、煮立ってきたら弱火にし、ピーナッツバターを入れ優しく混ぜ、塩、コショウを
 入れ、とろみが出るまで煮込む。
<盛りつけ>
・ 野菜をお皿に盛りつけ、エゴマの葉の千切りを上に乗せ、ゴマドレッシングをかけてできあがりです。
(HPより引用しました)

これ作ってみましたが、簡単でおいしいですよ!
ヘルシーだし皆さんもやってみてくださいね。

また、チョン・ダヨンさんは自身のブログで幾つか重要なことを話していらっしゃいました。
それを少し紹介したいと思います。

「ある時期私は○○キロとか体脂肪率○%とかにこだわっていました。(中略)その結果、頬はやせこけて弛み、ゲッソリしてるボリュームのない体に・・・。」

「私の目指していたフェミニンボディとは程遠い体になっていた時期もありました。
フェミニンボディというのはバストとヒップにボリュームがあり、ウェストがくびれていて手足はすらっとしていますよね。
そこで、私が目指していたのはこんな体じゃなかったはず!と気づき、体脂肪を落としすぎないように気をつけています。
今では、体脂肪は18~20%を維持するようにしています。」

(オフィシャルブログより引用、加筆訂正しました)

ただ痩せればいいのではなく、女性としてキレイでいなければ。そんな気持ちがしっかりと見えてきますよね。
「太りすぎず、痩せすぎず、適度な筋肉と体脂肪のある体がモムチャンなのだそうです。
この言葉をしっかり胸に刻んでいかなくてはと感じましたね。

ファッションモデルの方やアスリートの方は本当に痩せていてスリムな体型をしています。
しかしながら彼女たちの真似は簡単にはできません。
真似しているつもりでホホはこけてしまい、また胸も小さくなってしまっては意味がないですよね。
適度な体を作るためにも毎日鏡でチャックしていくべきだとチョン・ダヨンさんは語っていました。

彼女がモムチャンダイエットのことを記した本が本当に売れています。
これがそうです↓

韓国発のダイエット方法って素晴らしいと思います。
これからもモムチャンダイエットをやっていこうと思っています。

スポンサードリンク