西城秀樹さんのスープダイエットレシピ はなまるカフェ

芸能人の中でも大御所の西城秀樹さん。
以前ちょっとテレビで見かけたのが歌手の西城秀樹さんがスープダイエットで大きく減量に成功したというものでした。
それほど太って見えることのない西城秀樹さんですが、50代を迎え健康に気を配ってしっかり食べながらダイエットをしようと言うことでしたね。

西城秀樹さんのスープダイエットとはどんな方法でそのレシピはどのようなものだったのでしょうか?

はなまるマーケットのはなまるカフェのコーナーでのことでしたね。
この番組は芸能人の方が多数出演されていますよね。

基本的にはトマトベースで煮込んだスープを毎日飲んでいきダイエットをする方法とのことです。
同じようなスープを飲んでいると飽きてしまわないかと心配にもなりますが、西城秀樹さんはちょっとした工夫をこらしていらっしゃったようです。

トマトベースではありますが、多種の野菜を取り入れて朝昼夜と毎日スープを飲んでいきます。

とある1週間のメニューとしては下記の通りだったそうです。

[一週間のメニュー]

1日目:スープとフルーツのみ
2日目:スープと野菜のみ
3日目:スープとフルーツと野菜
4日目:スープとバナナ、スキムミルク
5日目:スープと肉とトマトサラダ
6日目:スープと牛肉と野菜、鶏肉も可
7日目:玄米と野菜とフルーツジュース

朝昼夜3食すべてこのメニューになります。
おなかがすいてしまいそうにも見えますが、2日目か3日目からだんだん慣れてきて胃袋も小さくなってきたと感じたようですね。

脂肪燃焼ダイエットスープの作り方のレシピ参考例は下記の通りです。( スープダイエット~一週間のメニュー~から引用させていただきました)

脂肪燃焼スープの材料・作り方レシピ

 ●玉葱大 3個 ●ピーマン 1個 ●セロリ太いのを 一本 
 ●キャベツ大 半玉 ●ホールトマト1缶 ●チキンスープの素 1個

 ①野菜を食べやすい大きさに切りスープの素とホールトマトを一緒に大きな鍋に入れる
   材料がひたひたになるくらい水を入れ10分程煮る。
   その後野菜が柔らかくなるまで好みに応じて煮る。
   (経験上、野菜はこまかいほうが食べやすい)
 
 ②塩、こしょう、チリパウダー、カレーパウダーなど好みに応じて味付けしてよい。
   好きなだけいつでも一日中このスープを食べて下さい。
   スープを食べれば食べるほどカロリーが燃えます。
   (最初は塩、こしょうだけの味付けにし、食べるつどチリとカレーで味付けした方が飽きない)

 ★禁止事項
  1 お酒は飲まない(体の中の脂肪の排出を邪魔します)
  2 アルコールを飲んでる場合は24時間経ってから初めて下さい
  3 飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、スキムミルク(無脂肪)のみ
  4 炭酸飲料は飲まない(ダイエットコークもダメ)
  5 揚げ物、パン、小麦粉を使った食品は食べない。
  6 砂糖などあらゆる甘味料は取らない。
  7 このダイエットで肉をとる事を要求しますが、代わりに茹でるか焼いた鶏肉(皮は食べない)でもよい。
    また、ビーフの代わりに煮魚でもかまわない。

禁止事項の中にはちょっと厳しいものもあります。
しかし自分の食生活を見つめなおすいい機会ととらえてダイエットに励む1週間としなければなりませんよね。

上記に1週間のメニューを書きましたが、補足する点がありますので書いてみたいと思います。

7日間脂肪燃焼スケジュールについて考えるわけですが、若干栄養素の足りない日もあって健康面に留意しながら進める必要があることを頭に入れなければなりません。そのあたりは注意しておきましょう。(以下オールアバウトから引用、加筆訂正しました)

■第1日目:スープとフルーツのみの日
・バナナ以外のフルーツは何を食べても良い。
・水分は水か100パーセントの果汁ジュースで補う。(糖分が多いもの、炭酸類はNGです、念のため。)

スポンサードリンク

■第2日目:スープと野菜のみの日
・油を使わなければ野菜の調理法は自由にできます。(蒸した温野菜なんかいいですよね。)
豆、スイートコーンを除いて種類も自由に選ぶことが可能です。
・夕食にはベイクドポテトを食べても良い。
(もともとは欧米式のダイエット方法なのがスープダイエット。)

■第3日目:スープとフルーツと野菜の日
・スープとフルーツと野菜を好きなだけ食べても良い。
・ただし、この日はベイクドボテトはNG。我慢しましょう。野菜類だけでも結構おなかはいっぱいになります。でもすくのも早いかもしれません(笑)

■第4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日
・バナナ3本食べてもOK。結構おなかにたまる気がします。
・スキムミルク適量を水で溶いて500mlにして飲む。
・お水を多めに飲むことも重要。飲み過ぎには注意してくださいね。

■第5日目:スープと肉とトマトの日
・豚肉または皮なしの鶏肉または煮魚を350g~700g食べて良い。この量はかなりのものですが食べてもいいからと言って過度に食べ過ぎてはいけませんよ(笑)胃も小さくなってきていますからおなかと相談の上食べてくださいね。(一部情報には、牛肉も食べて良い場合もある→少量にしておきましょう)
・トマトは6コまで食べて良い。

■第6日目:スープと牛肉と野菜の日
・牛肉の量に制限なし。
・ベイクドポテトを除く野菜を食べて良い。基本的にポテト類など炭水化物的なものは避けた方が賢明か。
・最低一杯はスープを飲む。これは重要です。

■第7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日
・玄米、野菜、フルーツジュース(100パーセント果汁)を飲む。
・最低一杯はスープを飲む。忘れずにね。

この7日間を実践することでほとんどの方体重を減らすことができるでしょう。
しかし注意するべき点もあります。

まずこの脂肪燃焼野菜スープは3リットル分でも600~700kcalしかありませんので、果物を入れても一食分で約500kcalくらい、一日分でも1500kcalほどしかありません。だから継続していけばかならず体重の減少は達成できます。
また方法も簡単でシンプル、マニュアル通りでできるのであまり悩んだり考えたりすることなくできるところも魅力の一つです。事前の基礎知識も必要ありません。レシピ通りで十分です。
結果が出やすくわかりやすいと言うのは数あるダイエット方法の中でも魅力的ですよね。

しかし問題点も多少あります。
基本的にお肉を数日抜くのでタンパク質不足になることです。
タンパク質を数日抜いても即健康を害することはありませんが、その不足分をお肉を食べる日に補てんすると言うことなのかもしれません。

また炭水化物の摂取量も少なくなります。
エネルギー源が足りなくなることも予想されます。
そのためベークドポテトを適量食べる日があるんですね。

栄養素が偏ってしまうことを念頭に置いて行う、一種のプチ断食とも考えられるのがスープダイエットなのです。

一時的に行う方法であって一年中できるダイエット方法ではないことを理解するべきですよね。
西城秀樹さんも1週間これを試すことで体重を落としたわけですが、ずっとではなくその後は工夫して自分流の食事を心がけたそうです。レタス丼とかトマト丼、キュウリ丼など男のまかない料理などを独自に編み出したそうです。

脂肪燃焼ダイエットスープでやせたい場合は、まず1週間試してみること、そして一旦数日通常の食事にして栄養面に気を配ること、体重減少が不十分なときはもう一度1週間ダイエットスープにトライしてみること、栄養面での注意が必要なダイエット方法なので途中で体調が思わしくないときは一時休止する勇気を持つことでしょうか。
まあそんなに具合が悪くなることはほとんどないと思いますが(笑)
食生活の改善を意識付けるには効果的なダイエットが脂肪燃焼スープダイエットだと言えるでしょう。

注意する面をしっかり頭に入れたうえで楽しんで行っていきましょう!

スポンサードリンク